カテゴリー別アーカイブ: 病気体験

満開の桜

来年の桜は見れるかな

自分自身が盲腸になって急遽入院した時の話です。

突然の腹痛で倒れ病院に搬送されたのですが、病床がなく、とりあえずの措置でがん病棟での入院生活が始まりました。

病室

目を覚ませば高齢者ばかりいて、もう挙動不審になってしまう程でした。実はその頃介護の仕事に就くため介護福祉士の勉強中、ベットに横たわる自分の姿に違和感を覚えた事は今でも忘れません。

母親が朝早く見舞いに来て自分が倒れて家族に迷惑かけた事を聞かされ、さらにいつもの口調で叱咤激励する母。

「どうするのよ!これから介護する側が倒れちゃあ、介護される側の方に失礼だよ!」

入院しているおじいさん

そんな母に声を掛けたのは隣にいるおじいちゃんでした。

「あんたの息子さんはこれから介護の仕事に就くのかい?」「がんばっておくれよ」

その後、そのおじいさんはまるで実の孫のように私に接してくれました。

入院生活を共に過ごす中で、おじいさんは身の上話から病気の話、そして自分の孫の話まで色々な事を話してくれました。その会話の中で、実の孫が去年交通事故で亡くなった話をしている時に、なぜ赤の他人の私に優しく接してくれるのかが分かりました。

「あまりにも孫に似てたからさなんか情が湧いたのさ」

そんな入院生活が続いたある日、おじいさんは調子が悪いのかベットから立ち上がるのも苦しそうでした。

季節は春、病棟から眺める桜は満開でした。その桜を見ながらおじいさんは「来年はこの桜は見れないだろうな」ぽつりと窓越しで呟く姿を見るのは実は耐えれなかったのです。

実は自分自身も早いうちから祖父はいませんでした。昔、若き母が病気がちな祖父のいる病院に通っていた記憶が一瞬思い出されたのです。

散った桜

盲腸の手術を終え、退院当日おじいさんは力いっぱい手をふってくれました。それから数日後、満開だった桜は散ってしまいました・・・。

入院をしてこれから介護を行おうとする自分が患者側の立場にたてた事は自分にとっていい経験をさせてもらったと思います。

病気が教えてくれた「命の尊さ」をかみしめ介護福祉士として頑張っていきたいです。

心臓の病気

30歳なのに心房細動に

いままで、ほとんど病院にお世話になることがありませんでしたが、会社の健康診断で「心房細動」という結果がでました。

確かに、ここ数か月、仕事が忙しく睡眠時間も短くなってしまい、不整脈を感じることがありました。しかし、健康だけが取り柄な私にとっては「まぁ大丈夫でしょ」くらいに思っていました。

初めて健康診断で問題がでた上に、その問題が心臓にあることに驚きました。ネットの口コミを確認して、評判が良い循環器系の病院に通院しました。

まずは投薬治療

投薬治療

病院に行くと慢性の心房細動という診断で、常に発作が起きている状態とのことでした。エコー検査をすると、心臓自体には問題がなくストレスなどで心房細動が起きてたようです。30歳で、その状態であることは大きな問題とのことで、まずは投薬治療を行いました。

2週間ごとに通院し、『サンリズムカプセル50mg』という不整脈の薬と『プラザキサカプセル110mg』という脳梗塞を予防する薬を処方されました。

薬を飲むと、6時間くらいは脈が正常に戻るのを感じることができますが、6時間を過ぎると心拍がおかしくなり息苦しくなりました。

電気ショックによる治療

3回通院しても改善されず、通院から6週間目に電気ショック(電気的除細動)での治療を勧められました。電気ショックと聞くと怖いイメージがあり即答できず、家に帰ってネットなどで調べました。

電気ショックで、心臓を動かすための電気信号を一旦とめて再度動かすことによって、余計な電気信号を止めるというものでした。さらに、全身麻酔も必要とのことでした。

しかし、心房細動の状態が長く続いてしまうことは、今後の健康にとって大きなリスクになると判断し、電気ショックでの治療を選択しました。

電気ショック

意を決して病院に行って伝えると、すぐに準備してもらいました。当日に行うと思っていなかったので「えっ、今日?」と驚きましたが・・・

処置室に行くとベッドに横になり心電図や点滴が始まり、「麻酔薬を点滴から注入しますね」の言葉を聞いて、「麻酔が効かなかったらどうしよう」と不安になりましたが、その瞬間から記憶がありません。

「○○さん!」の呼びかけで気が付くと、もう終わっていました。

時計を見ると、30分ほどしか時間が進んでいませんでした。1回の電気ショックで、心房細動は解消されたようです。

その後は、投薬はなく1か月毎に通院しましたが問題なく、半年が過ぎ通院する必要もなくなりました。

しかし一度、心房細動になると、再発しやすいとのことなので、睡眠時間やストレスのケアに気を付けています。

ノロウィルス

ノロウイルスになった話

中学生の頃、ノロウイルスに感染しました。当時は「ノロウイルス」という言葉自体あまり知られていませんでした。ニュースで報道されたのを見聞きしていたぐらいです。ですから予防なんて誰もしていないし、そもそも出来ませんでした。

やがてノロウイルスの波は我が校にもやってきました。本来なら学校を休ませたり殺菌消毒などをすべきだったのですが、そんな知識を持っている人なんか居ません。手洗いとうがいさえしていれば大丈夫!といった感じです。

嘔吐と下痢

油断していました。いきなりの下痢。お腹が痛いのを飛ばして前触れも無く襲ってきました。そのあと嘔吐。体の中からワケのわからない液体が溢れ出てきて止まりません。マーライオンになった気分です。

すぐに病院へ行き、薬を処方してもらったのですが、ひとつ問題が発生しました。薬が飲めません。何か口にしただけで吐いてしまうのです。それこそ、水を飲んだだけで戻してしまいます。

嘔吐する。口の中をサッパリさせるため水を飲む。水を飲んだ刺激で再び嘔吐してしまう。少しでも体を動かすたびに吐いていました。一日中トイレにこもりっぱなしです。布団には風呂桶を置いて、いつ嘔吐しても大丈夫なようにしていました。そんな地獄のような日が続きます。

病気から回復

ある日、ふと回復しました。昨日までの嘔吐や下痢が嘘みたいに止まったのです。完治したわけでは無いので、まだ学校には行けませんが。

強烈な空腹を感じました。数日間、何も食べられなかったからです。症状があるうちは空腹を感じる余裕も無かったのですが、回復すると何か食べたくなってきました。とは言っても、まだ固形物は早すぎます。そこで母に頼んでゼリーを買ってきてもらいました。

最初は怖かったです。また吐いてしまうかも・・・。ですが、すんなりと胃に入ってくれました。気づいたら夢中になってゼリーをたいらげました。そのまま薬を飲んで、眠りにつきました。久しぶりにぐっすりと眠れたような気がします。それから3日ほどしてから、完全に回復したので登校を再開しました。

鬱で悩む女性

実は理解されていない鬱病

一昨年、私は全般性不安障害と診断されました。しかしその後、病名が変わり、今年は鬱病という診断を受けました。

現在も通院し、服薬しています。不安症状やパニック発作、無気力感、罪悪感、死にたい感情は長い間持っていましたが、それを認めてしまうと社会から隔離されるのではないか、おかしいやつとレッテルを貼られるのではないかと思って怖くなり、なかなか周りの人にしんどいと言えませんでした。

今思えば拗らせてしまう前にもっと早くカミングアウトして、向き合う勇気を持った方が良かったなと後悔しています。

しかし一昨年本当の本当に限界が訪れて通院を開始しました。お薬を飲んでいますが中々良くならず、また波があって健常者並みに動ける日も多くありますが、いつバランスを崩して働けなくなるか分からないので、正社員として就職するのが怖いです(正社員経験が無いため、余計不安になります)。

今は就労移行支援センターに通い、定期的に通ったり、ストレスコントロールや社会人としてのマナーを学びつつ、就活に向けて少しは前進出来ていると信じています。

浮き沈み

鬱と言ってもずっと臥せっているわけではなく、自分の場合は動ける時期が多く(不安ややる気の低下を感じつつも)、事情を知らない他人がいると気を使わせないように隠して頑張ろうとするので、鬱のふりをしているんじゃないかと思われそうでそれもストレスになります。

個人差があるので、本当にしんどいときは放って置いて欲しい人、話して気を紛らわせたい人もいるので、本人にもししんどくなったらどうして欲しいか予め訊いてあげると、少しは安心できるのでそうしてもらえれば嬉しいです

また元気な時もあるので、遊んでいるともう治っているんだから働けと言われそうで怖いし、ずっと臥せっていないと鬱病と認識してくれないので辛いです。その周りの鬱病への思い込みは患者を傷付け、鬱の人が立ち直るのを邪魔しているので、おこがましいですがもう少し知る努力をしてもらえれば嬉しいです。

高熱の女性

大人にも感染する!手足口病は本当に辛い

私は娘が罹った手足口病に感染してしまいました。その時の症状がとても辛かったのでその時のことを紹介したいと思います。

手足口病は大人が罹ると重症化するとよく聞きますが、今回はそのことをとても実感する経験でした。

子供より重症化!大人の手足口病の症状

高熱の女性

娘は「手足に発疹」と「喉に軽い口内炎」ができただけで済んだのですが、私はまず39度以上の熱が2日ほど続いたのち、2日目の夜から手足に発疹ができ、3日目頃から喉に口内炎ができ、結局会社をほぼ一週間休んでしまいました。

その際に困ったことは、発疹がパンパンに腫れて歩けなくなり、トイレに行くのも一苦労だったこと、喉の口内炎の痛みで特にねっとり系の料理(カボチャやジャガイモの煮物、コロッケ、シチュー、おかゆなど)を食べるのがとても辛かったことです。

また、効く薬がなく、体調的にも精神的にもすごくしんどかったです。

私個人の対処法

効く薬もないので気休め程度の対応しかできませんでした。

まずは、靴下を履きました。足の発疹が床に直接触れると痛かったからです。ほんとに気休め程度ですが。

うがい薬

喉については、病院でもらった薬でうがいすると幾分かスッキリしたので1日に何度もしてました。

箸を直接持つと痛いので、ペーパータオルで持ち手をぐるぐる巻きにしてから使いました。途中から箸すら持てなくなったので、同じく持ち手をぐるぐる巻きにしたスプーンで食事をしていました。

医者は大人が手足口病になると思ってない!?

医者は大人が手足口病になる可能性を軽視しているので、身近に手足口病の方がいる場合、自分が発熱した時の医師の診断は簡単に信じない方が良いです。

私の場合も、まだ発熱だけの症状のときに病院へ行ったら夏風邪だと断言され、手足口病なら熱が出ている今の段階でもう発疹があるはずと言われました。私のように、発熱の数日後でも発疹が出ることはありますので医者の言うことにはご用心ください。

また、色々なサイトで痛みが治るまでに10日以上かかると書かれている記事をよく見かけて、この痛みがそんなに続くのかと療養中愕然としましたが、本当に辛い痛みは2日間だけなので安心してください(個々人で違うかもしれません)。

最後に、大人は滅多に感染しないらしいのですが、私は娘が感染しているときにちょうど仕事が忙しく寝不足だったので、免疫力が下がっていて感染してしまったのだと考えられます。

手足口病に限った話ではありませんが、体調に気をつける事が大切です。