カテゴリー別アーカイブ: 更年期

更年期障害

ホットフラッシュと上手に付き合っている体験談

ホットフラッシュは女性によくある症状ですが、私は更年期障害の症状として現れるようになりました。何が理由でもないのに急に顔だけ熱くなり、汗が出ることもあります。

更年期障害

急に電話が鳴ったり、誰かが家を訪ねてきただけで一気に顔が熱くなり、鼻血が出そうになります。ホットフラッシュの不思議なことは、手足が冷たくても顔だけ熱くなることです。身体の中でそれだけ温度差があると非常に気持ちが悪く感じられて、誰も理解してくれないことにイライラしてしまいます。

ホットフラッシュの対策としては、冷たいタオルや保冷剤などで首の後ろや顔を冷やすのが一番だそうです。
冬場は熱くてもあまり気になりませんが、夏場は顔が真っ赤になってしまい、周囲が驚く程ですので、エアコンのある部屋に移動して、冷やしながら扇風機で顔に風を当てるようにしています。

扇風機

更年期障害によるホットフラッシュは上手に付き合って行くしかないので、気分が少しでも楽になるように、冷蔵庫に好きなアイスキャンデーを入れておき、顔が熱くなったら食べる位の余裕を持った方が良いかもしれません。
口の中が冷えることにより、かなり気分的に楽になります。

女性の体温調節は難しいものですので、洋服は薄めのものを何枚か重ねて着る様にして熱く感じたら脱ぐ様にするというのも良い方法です。

更年期障害

更年期のはじまり

まだまだ若いと思っていても、いつの間にか更年期に差し掛かっていたようです。
心はまったく成長していないのに、身体に次々と変化が起こり、始めは更年期による現象だとは思いませんでした。

更年期の初めての現象は、精神が不安定になることですよね。生理の時に起きる様な不安やストレスを数倍にしたような落ち込み方です。生理でもないのにおかしいなと思っていたら同い年の友だちに更年期だよと指摘されハッとしました。もう、それしか考えられませんでした。精神的に落ち込む出来事などまったくないのですから・・・。

更年期を意識して過ごしていると、ついにホットフラッシュ現象が起こりました。

私のホットフラッシュ現象

私の場合必ず寝入りばなや、深夜に多く現れます。身体の血がすべて上半身に集まって来て熱さのようなものを感じます。もう、ドキドキして寝ていられなくて飛び起きました。数十分は治らないんです。もう、夜中なのに運動してみたり肩を回してみたりしてホットフラッシュを終わらせようと頑張りますが難しいです。

調べてみると、いろんな自律神経などのバランスがくずれたり、血流が悪いと発症しやすいとあったのでなるべく身体を動かすように努めました。今はまだ、夜中しか起きた事はないのですが、日中突然に起こったらパニックになるんじゃないかと不安です。

家族にも相談してみました。自分で選んだ市販薬を飲むよりも、婦人科に行って診てもらった方がいいんじゃないかと言われましたので、近いうちに行ってみたいです。

母親も、ホットフラッシュやめまい、イライラが止まらないなどの症状があったようです。でも、閉経と共にすべての症状が改善したとけろっとしていたので、早くそうなりたいです。そんなに簡単なことなんでしょうか。

食事

今は更年期の症状を少しでも軽減すべく、軽いウォーキング運動や山登りをして血行を良くし、食事は豆乳など女性の身体にいい大豆を良く取り入れるように気をつけています。終わりが見えませんがなるべく軽い症状で終わればいいなと思います。