胸の痛み

旦那が肺気胸で入院した思い出

ある日、旦那が起きて来て早々に「息を吸うと胸のあたりが痛い」と言い出しました。どうも前の日の会議後に飲みに行ってダーツをした後から痛み出したようです。

心配だったものの本人は「シャワーを浴びて温めたらましになった」と、そのまま仕事に出かけていったので、私もあまり気にすることなくそのまま買い物に出かけました。

胸の痛みが悪化

するとその日の昼過ぎに旦那から電話がかかってきました。ちょうど私は出先だったのですが、どうも胸の痛みが悪化したらしく近くの病院に行くとのことでした。

胸の痛み

病院嫌いの彼はどの病院に行けば良いか分からず調べて欲しいとのことだったので、ネットで調べ、一番近い病院を伝えました。「一緒に行こうか」と言ったのですが、その時もそこまで痛みはひどくないし、診察後に職場に戻って仕事がしたいからと一人で病院に行きました。

私はだんだん心配になってきたのでとりあえず家に帰ったほうがいいのかな、と用事を取りやめて家に帰ることにしました。

それから一時間後、折り返しかかってきた電話は想像以上のものでした。

【診察の結果】肺気胸で即入院

肺気胸になっていて、すぐに処置が必要だから大きな病院に行き、そのまま入院」と言われたそうです。沈んだ旦那の声で伝えられた時は驚きましたが、かえって私が冷静にならないといけないなと気が引き締まったのを思い出します。

私たちは近くに「頼れる親戚」も「親しい友人」もいないので、どうにか私が全部の手続きと準備をしなくてはいけませんでした。とはいえ、入院準備なんてしたこともないし、自分が入院したこともないのでさっぱりわかりません。

主人も動揺しているようで、行先の病院すらはっきりわからないまま主人は運ばれていき、私は病院経由で行先を知るしかありませんでした。

必要なものも最低限のものを想像で持っていくしかなかったのでとても不安でした。

病院

運ばれた先の総合病院では緊急外来に通されたようですが、他の救急の方が先に処置され、旦那の処置が後回しになっていたようです。

全てが終わったのは夜の9時。旦那は私以上に辛い状況で待たされていたようで痛みも有りぐったりしていました。普段怒らない旦那がイライラしていたので、よっぽど辛かったんだろうなと思い、かわいそうになりました。

何がいつ起こるのか病気に関しては全く想像がつかないことですが、一つ一つ経験を積むしかないのかな、と思います。このことで旦那さんはすごく痛くて辛い思いをしたと思いますが、急な入院の際はどうすればいいのか、何を聞くべきなのかなど色々と勉強できたことは不幸中の幸い?でした。

胃カメラ

20代で胃カメラの常連に・・・

26歳の誕生日を迎えた数日後、急な胃の痛みに目が覚めたのがすべての始まりでした。しかし、仕事を休むわけにもいかずその日は無理をして仕事に行きました。

腹痛

胃の痛みは一日の中でも波があり、特に痛むのは起床後と夕方だったので日中の仕事中はだましだましなんとかやりすごしていました。

それまでは胃腸の強さだけが取り柄だったような私だったので、胃薬など飲んだこともなく胃の痛みを感じても胃薬を飲むという考えすら及びませんでした。

そんな日が何日か続き、ついに朝起きた時ベッドから起き上がることができなくなり、いよいよヤバイと思い胃腸科の病院の門をくぐりました。

初めての胃カメラ

そして、問診の段階でお医者さんにすぐに胃カメラ検査をするように言われ緊急で検査することになりました。その時の検査が辛いのなんの・・・

胃カメラ

初めての胃カメラは、口からカメラを入れる一番オーソドックスなタイプのものでしたが、歯医者で器具を口に入れられただけでもえずくような私ですので、口からあんな太い器具を入れられるなんて考えただけで一瞬気が遠のきそうでした。

そして、いざカメラを挿入された時、やっぱり・・・というか案の定私は過呼吸になりました。

「そんなんじゃカメラが入らない!」と医者は怒り、怒られた私はさらに過呼吸に・・・、という地獄絵図が繰り広げられていたところに白衣の天使が登場し、慣れた様子で私の背中をさすってくれなんとか一命をとりとめた私。その時の地獄絵図が今でもトラウマとなり、今では必ず麻酔をかけてもらい胃カメラをしています。

検査の結果、すでに胃に穴が空いている状態で胃潰瘍と診断され、ピロリ菌が全くいなかったきれいな胃が26歳にしてストレスで穴をあけられてしまいました。

思い返せば、その当時は仕事も多忙で不摂生が続き、生活も不規則で気づかぬうちにストレスがたまっていたのかもしれません。

それ以降、ちょっとでもおかしな胃の痛みを感じると病院に行くようにしています。その結果、31歳にしてこの5年で胃カメラを10回も経験するちょっとした胃カメラの常連となってしまいましたが、最近では過呼吸となることもなく、胃カメラ検査と聞いても、慣れたもんだと検査に挑むことができています。