喘息の吸入器

完治したと思っていた病「喘息」が悪化

私は小学生の時に小児喘息と診断されて、定期的に病院に通っていました。入院も1、2回しましたが、そこまで酷い状態にはならずに、中学生になり、喘息も徐々に治ってきたと勝手に思っていました。

中学生の時は、みんなと同じような運動も出来ましたが、マラソン大会だけは棄権しました。高校生になると、薬にあまり頼る事もなくなるほど良くなっていたんです。

体育の授業で悪化

しかし、高校1年生の時に喘息が悪化してしまいました。体育で2キロ走のタイムを測る授業が原因です。私は喘息という理由で、見学したいと言いましまが、先生はそんな報告は受けていないから、ゆっくりでいいから走れと言われました。

確かに走りたくないから、喘息を言い訳にしていたので、仕方なく2キロ走りました。走った直後は、少し苦しい感じはありましたが、1回吸入しただけで、すぐによくなりました。

しかし、その日の夜中に、咳が止まらなくなりました。走ったときに砂ぼこりを吸ってしまったんだと思います。吸入して薬も飲んで、少し良くなりましたが、2日後にまた体育の授業がやって来ました。

ランニング中の発作

体調はよくありませんでしたが、先生に色々言われるのも面倒くさかったので、走りました。しかし、500メートルぐらい走ったところで、呼吸が出来ないくらい苦しくて、喘息の発作がでてしまいました。

倒れたので、その時の記憶はほとんどありませんが、男子の体育の先生と友達が私を運んでくれて、すごく恥ずかしいのと苦しさから涙が止まりませんでした。

病院に運ばれて、2時間後くらいにはよくなりましたが、無理しなければよかったと後悔しました。小児喘息は完治して、悪化することはないと思っていたので、すごいショックでしたが、その時にいた看護師さんがとてもよくしてくれて、病気のことも、学校のことも相談にのってくれました。

私は以前から看護師になりたいと思っていたので、入院して改めて看護学校に進学したいと希望し、合格しました。将来は、小児科で働き、子供だけでなく、家族にも寄り添える看護師になりたいと思います。

尿管結石による腹痛

二度と経験したくない尿管結石

もう10年ほど前になりますが、私は尿管結石を患った事があります。

ある日の朝、小便をしてからベッドで寝ていると、どうも下腹部の辺りの様子がおかしい。気になって、下腹部の部分を押してみたのですが、その瞬間に強烈な痛みが背中から腰にかけて襲いました。今まで経験した事が無い痛みが、ずっと消えることなく続くのです。

あまりの痛みにジっとしていられずに、少しでも動いていないと我慢できません。急いで、いつもお世話になっている街の内科に行ったのですが、その時はただの「筋肉痛」と診断されました。その為、痛み止めを貰って帰ってきました。

しかし、いくら痛み止めを飲んでも、痛みは消えず苦しむだけだったので、次の日に大きな街の病院で診察してもらいました。

この痛みでまだマシな尿管結石だったとは・・・

結石で苦しむ男性

診断された結果、尿に大量の血液が混じっているということで、「尿管結石」の疑いがあると診断されました。ただその病院には泌尿器科がない為、何十キロも離れた更に大きな総合病院へ、痛みに耐えながらバイクに乗って行きました。

ようやく、その病院の泌尿器科で診断を受け、薬を貰い、薬のおかげで症状は落ち着きましたが、こんなにもつらい経験は今まで本当に無かったですね。

薬を飲んでも、下腹部辺りがしばらく変な感じでつらかったです、石が尿となって出て行ってから、ようやく症状が無くなりました。

私の場合は尿管につまった石がそこまで大きくなかったので、薬と水を多く飲んで石の自然排出という方法を取りましたが、石が大きい人は尿管に石が通らないので、機械を使って石を粉砕するらしいですね。かなりの費用がかかると言われています。

それに比べると、私の場合はまだ楽な症状で良かったと思っています。

あれから10年以上経ちましたが、今のところ再発はありません。しかし、話を聞くと一度かかってしまうと、何度も再発する人もいるらしいですから、油断はできません。

歳を取ればそれだけ、また再発する可能性も高くなると思いますから。あの痛みをまた経験しなければならないのかと思うと、憂鬱です・・・。