耳の痛みを感じる男性

顎関節症になったときの話

高校生の頃、耳に変な違和感を覚えるようになりました。音楽を聴いていると、耳のあたりがだんだん痛くなってくるように感じたのです。

症状がひどくなっていったので、耳鼻科に行って診てもらいましたが、結果は異常なし。その後も内科に行ったりしましたが、結局よくわからぬままに時間が過ぎていきました。

大学生の時、虫歯が出来たために歯医者に行きました。

医師

その時先生が

「あなたは結構歯の並びが悪い。噛み合わせなんかも良くないかもしれないね」

と言うので

「歯並びはあんまり良くないとは分かってましたけど、それで何か悪いことがあるんですか?」

ときいてみると

「必要以上に噛みしめるのに力がかかったりすることがある。そういうのが続くと、アゴに負担がかかってくるんだ。だからアゴのあたりが痛くなってくる」

アゴというフレーズにはピンと来なかったので

「アゴは痛くないんですけど、たまに耳のあたりは痛くなるんですよね」

と、何とは無しに言ってみたところ

耳とアゴの骨はすぐ近くじゃない。アゴって聞いたら、ヒゲが生えてるあたりしか思い浮かばないかもしれないけど。もしかしたら、顎関節症(がくかんせつしょう)かもしれないね」

その先生の言葉を聞いて、一瞬で全てがつながった時には、思わず鳥肌が立ってしまいました。

私はあまりおしゃべりな方ではないので、先生の「噛み合わせが悪いと、アゴに負担がかかる」というフレーズも、いつもなら「そうなんですか」の一言で片付けてしまいそうだったのですが、もしそうしてしまっていたら、病気の原因の発見がさらに何年も遅れていたかもしれません。

マウスピース

その先生にそのままアゴについて診てもらうことになり、寝る前にマウスピースをつけることにより、寝ている間に歯ぎしりなどでかかるアゴの負担を減らすことにより、顎関節症はかなり改善しました。

偶然の出来事ですが、やはり体の違和感には意外な原因があり、それが大きな病気を引き起こす可能性があるので、多少時間と手間をかけても、その原因を見つけることが大切なのだな、とこの病気をきっかけに感じました。

花粉症の子供

子どもが花粉症に!通院と薬の服用はやはり負担になるみたい・・・

子どもが3歳のときに、現在の住まいに引越してきました。すると、それまで見られなかったような症状が、子どもに現れるようになりました。

その症状がこちら。

・目のかゆみ
・くしゃみ
・鼻水 など

かなりツラそうだったので、近所の耳鼻咽喉科へ連れていったところ、何らかの花粉が原因のアレルギーであると診断されました。

子どもの年齢がまだ小さいことから原因となる花粉は特定せず、お薬で様子を見ることになりました。

花粉症の薬で症状が安定するものの・・・

それからは2週間に1度、子どもを耳鼻咽喉科へ連れて行く生活が続きました。お薬を飲むようになってからは、症状が落ち着き一安心でした。

しかし、それでも日常的に鼻の通りが悪いせいか、中耳炎になりやすい体質になってしまいました。中耳炎になると決まって高熱を出し、幼稚園を休まなければなりませんでした。ある時はあまりに泣き方がひどいため、夜間の救急外来に駆け込んだこともありました。

定期的な通院と薬の服用が子どもの負担に

耳鼻咽喉科

わが子の場合は「通年性のアレルギー」のようで、通常の花粉症のようにピークを過ぎればラクになるということがありません。そのため、一年を通して耳鼻咽喉科へ通院する必要があります。

2週間に1度のペースで通院することは、子供も負担に感じているようでした。とくに小学生になった頃からは通院するのを面倒がり、お薬を切らしてしまうこともありました。

お薬を飲まなければ当然くしゃみや鼻水がひどくなり、子どものことがかわいそうだと思いました。

子どもが中学生になってからは、月に1度の通院で済む様になり負担が減りました。また子ども一人でも通院できるようになり、私自身の負担も軽くなりました。

今では中耳炎になることもなく、お薬を飲んでさえいれば症状がひどくなることもありません。ただお薬が欠かせない生活であるため、不自由な思いをしていることに違いありません。

お薬の副作用で授業中に眠くなることもあるようで、そのような時は医師に相談してお薬を変えてもらっています。

将来的には花粉の影響が無い地域に引っ越し、子どもの症状がおさまればよいと思っています。