尿管結石による腹痛

二度と経験したくない尿管結石

もう10年ほど前になりますが、私は尿管結石を患った事があります。

ある日の朝、小便をしてからベッドで寝ていると、どうも下腹部の辺りの様子がおかしい。気になって、下腹部の部分を押してみたのですが、その瞬間に強烈な痛みが背中から腰にかけて襲いました。今まで経験した事が無い痛みが、ずっと消えることなく続くのです。

あまりの痛みにジっとしていられずに、少しでも動いていないと我慢できません。急いで、いつもお世話になっている街の内科に行ったのですが、その時はただの「筋肉痛」と診断されました。その為、痛み止めを貰って帰ってきました。

しかし、いくら痛み止めを飲んでも、痛みは消えず苦しむだけだったので、次の日に大きな街の病院で診察してもらいました。

この痛みでまだマシな尿管結石だったとは・・・

結石で苦しむ男性

診断された結果、尿に大量の血液が混じっているということで、「尿管結石」の疑いがあると診断されました。ただその病院には泌尿器科がない為、何十キロも離れた更に大きな総合病院へ、痛みに耐えながらバイクに乗って行きました。

ようやく、その病院の泌尿器科で診断を受け、薬を貰い、薬のおかげで症状は落ち着きましたが、こんなにもつらい経験は今まで本当に無かったですね。

薬を飲んでも、下腹部辺りがしばらく変な感じでつらかったです、石が尿となって出て行ってから、ようやく症状が無くなりました。

私の場合は尿管につまった石がそこまで大きくなかったので、薬と水を多く飲んで石の自然排出という方法を取りましたが、石が大きい人は尿管に石が通らないので、機械を使って石を粉砕するらしいですね。かなりの費用がかかると言われています。

それに比べると、私の場合はまだ楽な症状で良かったと思っています。

あれから10年以上経ちましたが、今のところ再発はありません。しかし、話を聞くと一度かかってしまうと、何度も再発する人もいるらしいですから、油断はできません。

歳を取ればそれだけ、また再発する可能性も高くなると思いますから。あの痛みをまた経験しなければならないのかと思うと、憂鬱です・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA