腹痛

捻じれるようなお腹の痛み・・・潰瘍性大腸炎を発症した時の話

私はそれまで特に大きな疾患を患ったことはありませんでしたが、胃腸が弱いためか、頻繁に胃腸が原因で体調を崩していました。

胃腸風邪じゃなかったのか・・・潰瘍性大腸炎を発症

あれは高校3年の春。季節の変わり目の時期たったので、ある程度覚悟はしていたのですが、案の定体調を崩してしまいました。

その時も胃腸が原因で、下痢と軽い発熱に加え、捻れるような腸の痛みが・・・。少し強めの胃腸風邪だと勝手に思い込み、安静にしていれば回復すると考えていました。

しかし、体調は徐々に不安定になりました。痛みと共に倦怠感も出るようになり、何か別の炎症を併発したのかと思い始め、最初の症状から二週間が経って、ようやく胃腸科を受診ました。

医師

ところが、いつもと特に変わった様子もなく、診断結果は胃腸風邪でした。その診断と自身の体調に猜疑心を持ち始めた数日後、猛烈な腹痛で飛び起きました。こんなことは初めてでした。すぐさまトイレに駆け込み、様子を見てみると血が付着していました。

この時ようやくただ事ではないのを理解し、すぐに胃腸科にその様子を伝えると、医師は市内の赤十字病院への紹介状を渡してくれました。

その後、きちんと赤十字病院のほうで診察を受け、最終的に「潰瘍性大腸炎」と判明しました。

初期段階の発見だったおかげでステロイド治療は免れましたが、一日一回の坐剤と飲み薬を服用するよう言われました。坐剤の効果は確かで、すぐに出血は止まりました。国指定の特定疾患らしいので少々怯みましたが、薬のみの治療で快復したので拍子抜けしました。

潰瘍性大腸炎の治療はちょっとツラい

医師の検査

治療に際して最も苦しい思いをしたのが、半年に一度の腸検査でした。胃の中を完全に空っぽにしないと検査できないので、前日の夜食を禁じられました

翌日、指定の時間に病院の特別室に招かれ、数人の壮年男性と共に下剤ジュースを飲むよう指示されました。患者のほとんどが中年から壮年男性だったのは予想通りでした。

そして肝心のジュースの効き目がとても強く、空にするための急速な下痢に苦しみました。そうして胃の中を空にすることを成功したら、肛門部からカメラを挿入されるらしく、ここでも辛い思いをすると思っていましたが、担当医が優しくしてくれたおかげ痛みも少なく済みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA