花粉症の子供

子どもが花粉症に!通院と薬の服用はやはり負担になるみたい・・・

子どもが3歳のときに、現在の住まいに引越してきました。すると、それまで見られなかったような症状が、子どもに現れるようになりました。

その症状がこちら。

・目のかゆみ
・くしゃみ
・鼻水 など

かなりツラそうだったので、近所の耳鼻咽喉科へ連れていったところ、何らかの花粉が原因のアレルギーであると診断されました。

子どもの年齢がまだ小さいことから原因となる花粉は特定せず、お薬で様子を見ることになりました。

花粉症の薬で症状が安定するものの・・・

それからは2週間に1度、子どもを耳鼻咽喉科へ連れて行く生活が続きました。お薬を飲むようになってからは、症状が落ち着き一安心でした。

しかし、それでも日常的に鼻の通りが悪いせいか、中耳炎になりやすい体質になってしまいました。中耳炎になると決まって高熱を出し、幼稚園を休まなければなりませんでした。ある時はあまりに泣き方がひどいため、夜間の救急外来に駆け込んだこともありました。

定期的な通院と薬の服用が子どもの負担に

耳鼻咽喉科

わが子の場合は「通年性のアレルギー」のようで、通常の花粉症のようにピークを過ぎればラクになるということがありません。そのため、一年を通して耳鼻咽喉科へ通院する必要があります。

2週間に1度のペースで通院することは、子供も負担に感じているようでした。とくに小学生になった頃からは通院するのを面倒がり、お薬を切らしてしまうこともありました。

お薬を飲まなければ当然くしゃみや鼻水がひどくなり、子どものことがかわいそうだと思いました。

子どもが中学生になってからは、月に1度の通院で済む様になり負担が減りました。また子ども一人でも通院できるようになり、私自身の負担も軽くなりました。

今では中耳炎になることもなく、お薬を飲んでさえいれば症状がひどくなることもありません。ただお薬が欠かせない生活であるため、不自由な思いをしていることに違いありません。

お薬の副作用で授業中に眠くなることもあるようで、そのような時は医師に相談してお薬を変えてもらっています。

将来的には花粉の影響が無い地域に引っ越し、子どもの症状がおさまればよいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA