妊婦

妊娠後になりやすい?膿疱性乾癬という病気

昨年12月に入院した時の話です。次男を妊娠しており妊娠8カ月のころでした。

はじめは皮膚にブツブツが少しあり、なにかな?と思っていたのですが、日に日に悪化し、気が付いたころに全身に広がっていました。産婦人科では、妊娠性痒疹だねと言われ、インターネットで検索すると何割かの方がなり、産まれるまで治らないとのこと。

色々試行錯誤をして、痒みを紛らわせようとしましたが、人生で経験したことないほど痒く、夜もあまり眠れない日が続きました。

肌から膿が!?すぐに病院へ

ある日ブツブツになっていた部分から膿が出て、すごく痛みました。歩くのもやっとで、体力はどんどん奪われます。こんなに辛いのはさすがにもう耐えられないと思い、町医者を受診したらここでは見れないといわれ、大きな市民病院に紹介状を書いてもらいました。

次の日、やっとの思いで病院に行きました。フラフラになりながら病院につくと、初診なので2時間以上待ちました。やっと案内されると、膿疱性乾癬という病気ですと言われました。聞きなれない病名でした。

【膿疱性乾癬】原因は妊娠によるホルモンバランスの乱れ

原因はおそらく妊娠によるホルモンの変化で起こったのではないかということでした。すぐに入院となり1ヶ月ほど病院に入院することになりました。

入院している妊婦

しかし、心配だったのが長男です。そのころ長男はまだ3歳になったばかりで、1晩も私と離れたことはなかったのです。寂しくて寂しくて私は泣いてしまいました。息子は夫とともに夫の実家でしばらく生活することになりました。毎日心配でたまりませんでした。

どちらかというと私の方が寂しかったのかもしれません。治るかどうかもわからない、別人のように汚くなってしまった皮膚。辛いほどの痒み。治療でだいぶマシにはなりましたが、鏡で自分の身体を見る度にとてもショックでした。

健康なことってありがたいことなんだとその時に実感しました。元気だから息子と毎日一緒に暮らすことが出来る。退院してから毎日のありがたみが身に沁みました。現在も治療は続けていますが早く完治できるように頑張りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA