のんきな男性

自分は病気にならない!そんな人ほど大病をこじらせる

人間て、不思議ですよね。自分だって「そうなる」可能性は理解している。でも実際に「そうなる」とは露程も思ってない。

特に健康面はそういった思考が顕著です。重病なほど。

まあ、私の場合はインフルエンザなんですが。

どうせただの風邪

数年前のある冬の午後、私は愛犬の散歩をしていました。冬で天候は曇りでしたがそれほど寒くはなく、冬にしてはすごしやすい気温だったと思います。

いつもの散歩コースを歩いていると、不意に悪寒に襲われ「あ、なんかヤバイ」と風邪の予感がありました。予感は的中、夜から風邪の症状が・・・。

ただ、その時点では普通の風邪だと思い、次の日(土曜日)に病院へ行くことはしませんでした。

高熱

しかし、症状は次第に悪化し、熱もどんどん上がっていきます。常備してあった風邪薬があまり効かないため、新たに薬を購入して服用したところ、熱は平熱近くまで下がったのですが、体調はまったく改善しません。

流石に変だと思い始めましたが、それでも「いつもより重い風邪だな」という程度でした。

月曜の朝になっても体調は戻らず、近所のクリニックへ。

【検査の結果】思い込みは外れ、インフルエンザと判明

あっさりとインフルエンザ判定(鼻に綿棒を入れたかな?)。正直「まさか」という感じでした。

インフルエンザと診断されてショックでも受けたのか、むしろ状態は悪くなり、ベッドで天井がぐるぐる回る日々を数日。

病気で寝込む男性

食欲などまったくなく、それでも用意してくれたスポーツドリンクを思い出したように飲む。トイレ以外はベッドで横になり、時計なぞ見る気力はないものの、カーテンから滲み出てくる日の光で、朝昼晩を判断していました。

体調がすこぶる悪いせいかあまり退屈とは感じず、むしろ気が付いたら夜だった、という状況でしたね。

さて、数日寝込んで少しずつ回復し、食欲も多少戻って来ました。といってもまだまだ万全ではありません。家族から昼食の希望を聞かれ、答えたのが「塩ラーメン」。

ラーメンが大好きな私。一番あっさりな塩ラーメンなら無理なく、おいしく食べられそうとリクエストしました。

結果は、おいしくありませんでした!インフルエンザの影響かどうかは分かりませんが、味覚が一時的におかしくなっていました。

その後数日で味覚も体調も元に戻りましたが、”自分には決して不幸な事は起きないだろう”という思い込みがより自分を苦しめる結果になる、という事を今回の件で学びました。それがインフルエンザだったのが不幸中の幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA