満開の桜

来年の桜は見れるかな

自分自身が盲腸になって急遽入院した時の話です。

突然の腹痛で倒れ病院に搬送されたのですが、病床がなく、とりあえずの措置でがん病棟での入院生活が始まりました。

病室

目を覚ませば高齢者ばかりいて、もう挙動不審になってしまう程でした。実はその頃介護の仕事に就くため介護福祉士の勉強中、ベットに横たわる自分の姿に違和感を覚えた事は今でも忘れません。

母親が朝早く見舞いに来て自分が倒れて家族に迷惑かけた事を聞かされ、さらにいつもの口調で叱咤激励する母。

「どうするのよ!これから介護する側が倒れちゃあ、介護される側の方に失礼だよ!」

入院しているおじいさん

そんな母に声を掛けたのは隣にいるおじいちゃんでした。

「あんたの息子さんはこれから介護の仕事に就くのかい?」「がんばっておくれよ」

その後、そのおじいさんはまるで実の孫のように私に接してくれました。

入院生活を共に過ごす中で、おじいさんは身の上話から病気の話、そして自分の孫の話まで色々な事を話してくれました。その会話の中で、実の孫が去年交通事故で亡くなった話をしている時に、なぜ赤の他人の私に優しく接してくれるのかが分かりました。

「あまりにも孫に似てたからさなんか情が湧いたのさ」

そんな入院生活が続いたある日、おじいさんは調子が悪いのかベットから立ち上がるのも苦しそうでした。

季節は春、病棟から眺める桜は満開でした。その桜を見ながらおじいさんは「来年はこの桜は見れないだろうな」ぽつりと窓越しで呟く姿を見るのは実は耐えれなかったのです。

実は自分自身も早いうちから祖父はいませんでした。昔、若き母が病気がちな祖父のいる病院に通っていた記憶が一瞬思い出されたのです。

散った桜

盲腸の手術を終え、退院当日おじいさんは力いっぱい手をふってくれました。それから数日後、満開だった桜は散ってしまいました・・・。

入院をしてこれから介護を行おうとする自分が患者側の立場にたてた事は自分にとっていい経験をさせてもらったと思います。

病気が教えてくれた「命の尊さ」をかみしめ介護福祉士として頑張っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA