フリーランスのSEに英語力が必要な理由は、新しい技術を習得するためです。新しい技術は海外から入ってくるケースがほとんどで、テキストは基本的に英語で書かれています。また、理解できないことがあれば、海外の技術者とコミュニケーションを取る必要も出てくるでしょう。
フリーランスというのは、クライアントから依頼を受けてはじめて仕事になります。案件を獲得するために、海外で利用され始めたばかりの新しい技術をいち早く覚えることで、クライアントからの評価も高くなるかもしれません。そういった案件を見つけて成功のチャンスを掴むためにも、英語力を高めることは欠かせないのです。

英語力を身につけることは、フリーランスのSEとして仕事の幅を広げることにも役立てられます。グローバル企業や海外との取引を盛んに行っている企業が増えており、英語力の高い人材が求められているのです。英語力があれば、海外の企業で働いているスタッフとのコミュニケーションや、海外にいる技術者と専門用語を交えながら仕事について話すこともできるでしょう。
英語力を上げておくことで、これまで以上に幅広い案件の中から、自分に合ったものを見つけられるようになります。フリーランスの需要が高まる現代では、他のSEをはじめとする技術者との差別化を図ることが欠かせません。日本海外問わず、フリーランスのSEがこのグローバル社会を生き抜いて活躍するためには、これまでにも述べたように仕事上の英語力が必要となるのです。

 © 2020 - 自分の未来は自分で切り開く!