心療内科

うつになってかかった心療内科のこと

私は数年前、仕事上もプライベートもかなり多忙な状況が続いた結果、夜眠れず、また作業における集中力の持続が困難になったことで、ある心療内科を受診することにしました。この心療内科は、既に私の家族がかかっていたこともあり行きやすかったです。また立地的にも仕事場と自宅の中間にあったため足を運びやすかったです。

心療内科

家族が行っているとはいえ、初めてかかる私にとっては心療内科はとても怖いところのように感じました。

そして周りが自分をどう見るのだろうかだとか、医者に頭がおかしいと思われたらどうしようだとか、とても沢山の不安を抱えた状態で待合室で待っていました。その病院は込んではいないのですが、診察に時間をかけているのか30分以上待合室で待たされた後案内されました。

初めて会った医師の印象

初めて会ったお医者さんはとても親切な方でした。丁寧でゆったりとした雰囲気をおもちのかたで私はとてもホッとしたのを覚えています。実は心療内科に来るのはとても勇気が要ったのだと伝えたところ、「うんうん。」とうなづいて聞いてくれ、こちらの話を補助しながら私の状況について丁寧に話を聞いてくださいました。

その上で「きっと心身のバランスが崩れていて、うまく回復できていない状況もありましょうから、眠れる薬と、ちょっとだけ気分を安定させてくれるお薬を出しますね。」と説明をしてくださいました。

眠れる薬

とりあえず受け取った薬を一週間試してからまた通院することを進められました。飲んでみたところ、ちょっとけだるさが増したような気がしたので、そのことについて伝えたところ、すぐに薬の処方量をコントロールしてくれました。

精神科薬は患者に合わせた薬の量が大切なんですね。とても丁寧に私のことを考えてくださっているように感じ、嬉しく思ったのを覚えています。その後言われたスケジュールで通って行った結果、無事うつ状態を抜けることができました。

「健康であること」・・・普段は全然気にも止めないことですが、実際病気になってからだとかなり気にしちゃいますよねぇ。私も同じで健康であることが普通すぎて、健康体であることの有り難みが分かっていませんでした。病気で苦しむ事がどんなことなのか今一度勉強しましょう。